皆さんこんにちは。
今回は「ここんとこのお仕事」&採用期間後記を。


東宝ミュージカル「レベッカ」全国公演
東宝さま話題のミュージカル、年を越えて無事千秋楽を迎えました。
2010年に名古屋初上陸、中日劇場公演では舞台にセットが入りきらず、当時現役バリバリ(笑)の私にとって非常に印象の深い作品の再演でした。
なんせ昨年11月、シアター1010(千住)から全国を周り2月5日のクリエ千秋楽まで、と非常に長い期間の出張という事で
ツアメン4名さんは名古屋っ子感も薄れてしまったかもしれませんね。
千秋楽翌日そのまま次の作品「キューティーブロンド」の下見打合せという鬼のスケジュールに文句の一つもないなんて…カッコよすぎる。
大変お疲れ様でした!


日本オペラ協会 藤原歌劇団 東海支部発足記念コンサート「オペラの饗宴」@御園座
こちらは日本を代表するオペラ歌劇団さまの東海支部発足記念という事で、舞台監督や照明映像といったオールスタッフを弊社で担当させていただきました。

御園座ロビーに…弊社の新春奉納ちょうちんが。
両隣は超大手。「り」行でよかった。笑

———————————————————————————————————–

今回は前回のブログでも予告した通り、昨年末の新規採用期間を振り返ってみようかと思います。

応募総数57件(!)
うち採用8名(!)
いや~…ほんとに何とも言えないです。
本当にたくさんのご応募をいただき、およそ30名の方とお会いできました。
弊社は毎回このくらいのご応募をいただける運のいい企業ではあるんですが、さすがに今回も全員の方とお会いする事は時間が許しませんでした。
採用基準として意識していたのは、やはり「今までどんな人とどうコミュニケートしてきたか」
初対面の人とアウェイな空間の中で、たかだか1時間程度で自分がどんな人間かを表現し、それだけで人生の一部が決まってしまうかもしれんという
非常に難しいであろうシーンを、経験だけでどう乗り切るか。
怪しいマンションの一室で、どんな役かもわからないオッサンと二人きりという。いや想像しただけでハード。笑

弊社は本当に小さな企業です。
まだまだこれから、少しづつちゃんとした企業になっていく事を目指している、という言い方が最適かもしれません。
採用に至った8名の方は、いずれも非常に優秀な方だと思います。が、
残念ながら不採用になった方にも大変優秀な方が多く、選定は困難を極め、
期間中は痩せる思いでした(痩せてはいませんが)

例えばね、ほとんどの社会人はやりたい事なんてやってないとして、
実際自分の人生の大半を捧げる環境を選ぶとき、
まず絶対にやりたくない事を避けて、少しでも合う要素がある事を選ぶ、というか。
やりたい事よりも出来そうな事を選ぶのが一番なんでしょうね。

私共に当てはめてみると、技術職というより「遅刻(業界では厳禁)せず常識的であれば数年である程度は見えてくる」という
積み上げ式の経験職なので
やはり年齢や性別も大きな判断基準になってしまいます。
ただ、今回はそんな年齢性別を越えた魅力がある方を採用させていただけたのかな、と思っています。

いつか本人さん達と酒でも飲みながら、
「面接の時さあ、社長あんな事言ってましたよね?何すかあれ笑」
なんて話せる時が来たらいいなあ。