皆さんこんにちは。
本日は12月12日、師走真っ只中です。
こないだ12月になったなあとか思ってたのに、もう12日も経ってしまいました。
歳食うハズだわね。


ミュージカル「ジャージーボーイズ」全国ツアー
2005年にブロードウェイで初演されると、トニー賞最優秀ミュージカル賞やグラミー賞などを受賞。その後も全世界で上演され、2000万人以上が熱狂し各国の演劇賞を総なめにした伝説のミュージカル。
日本では2016年に初演。今回は大好評につき再演という事になります。
弊社からツアー大道具として全公演に参加しました。
「ハードツアーでした。。」だそうです。うん、うん、そうか。。と答えました。笑
君の苦労は報われたよ。だって公演は大成功だって聞いてるもん。


御園座「コロッケ特別公演&ものまね大全集」
舞台監督、演出部、小道具として参加しました。
コロッケ本人様のお人柄もあり「楽しく、楽しく、厳しく」のバランスが取れた最高の公演になったようです。
似てても似てなくてもなんか笑ってしまうって感覚、わかります?似てないという事を物まねの価値感に加えられるのは、この方だけなんじゃないかと思います。
とはいえ実はステージに対して非常に真摯で、タイミングや間がズレても質が変わるという精密に計算された職人気質な方なんですよね。
スタッフにファンが多いというか、私も大ファンなんです。実は。


マリインスキーバレエ 兵庫公演
もはや説明不要ですね。これは。
バレエは非常に奥が深いです。海外のプロダンサーが踊るバレエも、この地方のダンサーが踊るバレエも、習いたての小さな子供が一生懸命に踊るバレエも、
全部本物のバレエです。
毎回、関われた事を誇りに思うんですよ。大きさなんて関係ないよ。

とまあ他にもたくさんのお仕事をいただきましたが、ザッと紹介させていただきました。
各現場でお会いした方、ありがとうございました。

最近は新規採用期間の真っ只中で、毎日色々な方とお話する機会があって非常に充実しております。
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
「ジャージーボーイズ」のくだりで少し触れましたが、もちろん弊社にも苦労はあります。これはどんな職業の方も同じです。
楽な仕事…世の中には存在しますが、実際の所思うのは、
例えば楽に勝てる試合は楽しいか?と聞かれたら大半の方は少し考えると思うんです。楽の質にもよりますが、この場合「勝つ」事だけが目的なら目的は達成しやすいでしょう。
じゃあ、苦労して戦ってギリギリ「勝てた」としたら?
「勝ち」は実際の職業に変換すると「賃金」という事になるのでしょうか。お金だけでこの業界を選ぶ方は、まあ居ないんでしょうけど。
例えば…実際ああしよう、こうしてみようって考えながら業務をこなして、それが結果に繋がると気持ちいいですよね。苦労ってこういう事で、
決して無理するとか負担の事ではないと思うんです。
苦労したらしただけ何かで返ってくる。苦労をする事、仕事をする事自体に疑問を持たないってのが人生最高の幸せなんでしょうね。

いやでもそう考えると…仕事で得る物がお金だけ、って割り切る事は不幸なのかな。いや決して不幸ではないな。

こんなの面接の席で言ったら絶対引かれるんだろうな。笑