繁忙期真っ只中!
我々の業界は繁忙期と閑散期の差が激しく、特に名古屋は名古屋発信の演目がありませんので
閑散期はガラっと暇なのですが、代わりに繁忙期の繁忙っぷりったらもう…
弊社も漏れる事なく繁忙期の真っ只中に居ます。
そんな9月のお仕事の一部を報告します。

矢場町お化け屋敷「舌切りレストラン」無事閉場~撤収
unnamed
夏の名古屋の風物詩、矢場町お化け屋敷も大好評のうち無事閉場しました。
毎年撤収は何やら寂しくなります。
役目を終えたお化けちゃんや仕掛け、壁や扉…バラしては運び出し、梱包、積み込み。
普段の舞台での撤収は、そこにお客さんが入る訳でもありませんので何も考えませんが、この異空間には何て言うの、生活感というか
生の空気が残ってるんですよね。
千切れたネックレスや指輪の落し物、お化けの飲み残したペットボトルに溜まった傘。
かたづけながら仕掛けに引っかかって笑って、直後に寂しくなって、、その仕掛けのロープを切る瞬間。お化けは役目を終える。(笑)
いい仕事ですな。また来年。

ありか 全国公演
unnamed
写真は神奈川芸術劇場 KAATの表看板。
こういう看板や劇場の雰囲気なんかは各地で違いますが、KAATは劇場の1Fにカフェがあったりして非常にオシャレです。
愛知は意外と殺伐としてるのよね。
芸術を芸術と構えて鑑賞するんじゃなく、居空間や非日常をリラックスして楽しむ姿勢や雰囲気作りをしてほしいですね。
通りがかりにフラっとチケットを買えるような。最高の暇つぶし的な。

内田流 日本舞踊
unnamed
これはカメラロールにあったのでなんとなく。
幕開きからドカ雪。朝から。はい掃除掃除。
日本舞踊は日本的絵面を学ぶには最高だと思うんですよね。
どの辺に立ち木があったら人物が際立つ、色合いはどうだとかね。
一景一景が絵画的。そして雪は幻想的。三味線と太鼓に舞い手。一種のトランスですよね。
むしろ内容なんてどうでもいいの。雰囲気と絵面の融合を楽しみに若い方に観てほしいっていつも思います。

ほんの一部でしたが紹介しました。
中日劇場ではミュージカル「レ・ミゼラブル」が大好評上演中です。
弊社からも多数参加しております。
中日劇場で観られるのは今回が最後。10/16日千秋楽。
こちらは来月紹介できたら、と思っています。

おまけ。
unnamed
弊社、いや名古屋商業演劇界のレジェンドである片岡さんの還暦をお祝いしてきました!
いや還暦ですよ還暦。おめでとうございます!
しかし残念ながら弊社には定年はございません。すみませんまだまだお願いします。笑